脱毛1ヶ月後の再生率が20%以下

永久脱毛と呼べるのは、脱毛施術を行ってから1ヶ月経過した時点で毛が再生している割合として20%以下に抑えられている場合を指します。永久脱毛を行えば全ての毛が一切生えてこないというわけではなく、再生率が一定以下となった場合に限定されるわけです。実際に光脱毛やレーザー脱毛を行う際には、毛根にある毛母細胞にダメージを与えて毛が生えない状態にします。しかし、ダメージを与えたにも関わらず再生能力により毛母細胞が改めて毛を生やし始めるものが僅かながらに発生してしまいます。完全に脱毛を行えないからこそ、永久脱毛は厳しい再生率20%以下という基準を設けることにより、永久脱毛と呼べるほどの効果がある脱毛方法を制限しています。

医療脱毛なら医療行為として脱毛を受けられる

再現性があり毛の再生率を一定以下に抑えられることが分かっているからこそ、医療脱毛は医療行為として認められています。永久脱毛という呼称を使えるほどの脱毛効果が高く減耗効果があるからこそ、医療行為の基準も満たせていると考えて良いでしょう。そして、医療行為として医療脱毛を行うからには、医師による脱毛状態の管理をしっかりしなければなりません。このため、医療脱毛では施術を受けるタイミングと具体的な光レーザー照射量について医師の判断が求められています。永久脱毛を謳うにも関わらず再生率が一定以下に抑えられないことが許されないからこそ、医療脱毛は医師が患者に行う治療行為としての役割が大きいわけです。医療脱毛は、結果を必ず伴いつつ医師が行う医療行為という責任があります。